ラベル をご検討中のお客様へ タナック ラベル 下地印刷

  541-0052 大阪市中央区安土町 1-8-6 大永ビル2F
TEL:06-6264-1135  FAX:06-6264-1136

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タナックTOP
新着情報・トピックス
製品導入事例
宛名印刷機
出荷システム
文書管理システム
オンデマンド印刷
ラベルプリンター
GHS対応製品
ラベル用紙のご提案
シークレットラベラー
封入・封緘機
メールシーラー
連帳レーザープリンター
オフィスプリンター
代行印字
ダウンロード
会社情報・支店案内
お問い合わせ
地図・交通アクセス
求人案内
プライバシーポリシー
関連会社リンク
サイトマップ
ドライバダウンロード



このホームページは一部にFLASHを使用したコンテンツがあります。コンテンツを閲覧するには各PLAYERが必要です。



1  用紙の材質 6  加工の種類(ロール紙・ファンフォールド紙)
2  糊の種類 7  下地印刷
3  用紙の形態 8  レーザープリンタ推奨用紙について
4  セパ用紙の種類 9  熱転写プリンタ推奨用紙について
5  加工の種類(カット紙)  


 下地印刷
  用紙にはあらかじめ下地印刷を入れておくことができます。
  入れる色数によってラベルの価格が変わってきます。

  黒しか印刷できないプリンタを使用する場合、カラー部分を事前に入れておいたり、
  フルカラー印刷できるプリンタであっても広い印字面積の部分を下地印刷にすることで
  ランニングコストを抑える
といった様々な効果があります。

  1色印刷     1色印刷     2色印刷     3色印刷
     
    同色で色の濃さだけが違う
  場合は1色1版として扱わ
  れます。
       


モノクロレーザープリンタの場合   熱転写プリンタの場合

モノクロ印刷しかできないプリンタでカラー部分を
  下地印刷。
 
    熱転写プリンタは単色しか印刷できない
  ものが多いので下地印刷が重要に
  なってきます。


カラーレーザープリンタの場合   特殊色

印字面積の多いカラー部分のみ下地印刷にして
  残りをカラー印刷し、ランニングコスト削減。
 
金色など下地印刷でしか
出せない特殊な色もあります。

 屋外使用の場合は・・・  
耐光性インキ をご提案いたします。
 屋外で使用するラベルの場合は、通常インキではなく耐光性インキにすることで太陽光や雨等で
 起こる色落ちを防ぐことができます。耐光性能はラベル用紙の種類によっても変わってきます。


加工の種類
(ロール紙・
ファンフォールド紙)

レーザープリンタ
推奨用紙


ページトップへ

株式会社タナック お問い合わせ
TEL:06-6352-2421
FAX:06-6352-2425
株式会社タナック
541-0052
大阪市中央区安土町 1-8-6 大永ビル2F
お問い合わせ地図・沿革

TANAC
PRODUCTS


SUPPORT
CAMPANY
INFORMATION
- タナックTOP | 新着情報トピックス
- 宛名印刷機 | 出荷発送システム | ラベルプリンター | GHS対応製品 | ラベル用紙のご提案
  オンデマンド印刷 | 封入・封緘機 | シークレットラベラー | 文書管理システム
  連帳レーザープリンター | 5年無償保証オフィスプリンター
- 代行印字 | ダウンロード
- 会社情報・支店案内 | お問い合わせ | 地図・交通アクセス | 求人案内
- プライバシポリシー | 関連会社リンク | サイトマップ

 
タナック製品検索
 
  COPYRIGHT (C) 2006 TANAC Co.,Ltd. ALL RIGHT RESERVED.